赤膚焼 大塩正


桃山時代に豊臣秀長公が開窯したのが起源。赤膚山の鉄分を含む赤土は素焼き後赤褐色の肌色となり「赤膚」の由来となっている。
乳白色の萩釉と室町時代に描かれたお伽草子などをモチーフにした奈良絵が特徴の焼き物。


案内

現在開催中の展示会はございません。

ホーム

陶 歴

作品紹介

教室案内

とんぼ玉

アクセス

お問い合わせ
歴史ある赤膚焼と現代釉薬の陶芸作品

赤膚焼 大塩正